「SOUNDPEATS Capsule3 Pro」レビュー。低価格で低音を強調できる音質。通話も快適な良コスパイヤホン。

うえだりゅう

今回は「SOUNDPEATSサウンドピーツ)」様より2022年12月26日に新発売のワイヤレスイヤホン「Capsule3 Pro(カプセル 3 プロ)」をご提供いただきましたのでレビューします。

音楽のリスニングはもちろん、通話に至るまでストレスなくこなすことができたので、普段使い用として誰にでもおすすめできるでしょう。ただ、ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能に至っては課題が残ると感じました。

販売価格は8,480円となる予定ですが、サイト限定のクーポンコードと期間限定のAmazon内割引を併用することで6,176円で購入可能です。

期間限定の割引クーポン

クーポンコード:CPS3PBLG08
使用期限:2022/12/26 ~ 2023/1/02

ご提供[PR]

当記事は商品を提供頂き作成しています。

SOUNDPEATS Capsule3 Proのスペック

Capsule3 Pro

本体基本操作イヤホンタッチ・アプリコントロール
ドライバー12mmダイナミックドライバー
周波数帯域20Hz - 40,000Hz
対応コーデックAAC・SBC・LDAC
ノイズキャンセリングANC対応(最大43dBカット)
外音取り込み対応
ゲームモード対応(低遅延モード)
脱着検知未対応
バッテリー持続時間イヤホン単体:8時間
ケース込み:52時間(5.5回分)
充電時間1.5時間
充電コネクタUSB Type-C
ワイヤレス充電非対応
防水性能IPX4

スペック上は脱着検知機能や無接点充電がない点以外は大きなデメリットはありませんね。公称のスペックではバッテリー持ちがイヤホン単体で8時間ケース込みで52時間となるようなので、丸二日間以上もバッテリーが持つ点が魅力ですね。

地味【IPX4】の防水(正確には防沫)に対応しているので、汗などであれば故障の原因にはなりにくいもの嬉しいポイント。

Capsule3 Proを開封から実機レビュー

実機レビューです。

外装は正方形でイヤホンの印刷と逆の面にはものすごくイケメンなお兄さん。SOUNDPEATSのパッケージにはスーパー美男美女が写っていることが多いです。笑

Capsule3 Proの付属品

内容物はイヤホンケース(充電器)・イヤホン本体×2イヤーピースL/M/S充電ケーブル(A to C)の4点でした。充電ケーブルと充電ケースは少し安っぽい印象を受けますが、イヤホン本体に関しては価格以上のビルドクオリティーだと感じます。

充電ケース&イヤホン本体の外観

前回レビューした「SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS」の充電ケースは光沢仕様でしたが、今回のCapsule3 Proはマット調。どちらの素材でも傷はつきやすいのですが、マット調だと全くと言っていいほど指紋がつかないのは嬉しいですね。

ケースの開閉はマグネット式で開けにくい印象はありません。ただ、ケース本体はサイズの割に軽いので、少しだけ安っぽい印象を受けます。

開封した直後はイヤホン本体に絶縁ステッカーが貼ってあるので、イヤホンを取り出してケースに戻すと初回ペアリングが可能な状態となります。

イヤホン本体はピンクゴールドのメタリックデザインがアクセントになっていて個人的にはとても好み。男性、女性どちらが使っていても違和感のないデザインとなっています。

充電に使用される接点も筐体に馴染んでいてバリなどはありません。接点の間に空いている穴は通話用のマイクですね。

本体とケースはメタリックなピンク色で統一されていてゴージャスな見た目。イヤホンはピンクのロゴあたりがタッチセンサーになっており、ノイキャンや外音取り込み機能を切り替えることができます。

Capsule3 Pro はカナル方のイヤホンとなるので、イヤピースは脱着式。他社製のカナル方イヤホンと比較すると結構ガッチリめにくっついているのでなくしにくいと思います。

スピーカーホールの拡大写真。金属のシールドだけかと思いきや、内部には細かい金網が張り巡らされているので、小さいホコリなども入りにくい構造。金網だけだとメンテナンス時に凹んでしまったりするので、この2重構想は理想的と言えそうです。

充電ケース底面のUSB Type-Cポートは金属枠の青ポート。ただの充電ポートだとは思いますが、ガジェットオタクからすると青色のポートは高機能なUSBという印象があるのでちょっとだけテンションが上がります。
(わかる人いませんかね笑)

肉眼だと見落としそうになるのですが、Type-Cポートの横にペアリングボタンが隠されて?います。ケースの蓋が空いている状態でイヤホン本体しまいながらボタンを押すと、ペアリングモードに移行します。

形状面で感じたCapsule3 Proのデメリット

イヤホンやケースの形状で不満点をあげるとするとイヤホンが収納ケースに収納される時の「向き」です。

写真はAppleのAirPods Proとの比較ですが、イヤホンのイヤーピースの向きが真逆になっています。ケースからイヤホンを取出してそのまま耳に装着できるAirPods Proに対して、Capsule3 Proは手のひらで1度反転させる必要があります。

滑って落としてしまう可能性も考えられますし、はっきり言ってこの向きで収納されている製品は使いにくいです。

Capsule3 Proの音質をチェック

続いては音質周りのレビューです。

音楽を聴いて見た時の音質

音質の評価ですが、高音が少し雑な印象。対照的に低音域は綺麗な音が強く出ていて低音好きの人にとっては十分に満足できる音だと感じます。個人的には低音大好きな人間なので、とても好みです。

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

yong yang無料posted withアプリーチ

音質に関してはSOUNDPEATS純正のアプリに対応しているので大幅な変更も可能です。音楽によっては高音がガチャガチャ聞こえてしまうこともあるので、高音域(右から3つくらいまでのゲージ)を少し下げることで聞きやすい音に変化しました。

外音取り込みとアクティブノイズキャンセリング

SOUNDPEATS Capsule3 Proの外音取り込みとアクティブノイズキャンセリングについては少し不満がのこります。

まず、高音域の外部ノイズに関しては「ノイキャン」「外音取り込み」「ノーマル」どのモードでも、そこまで音量が変わりません。よってノイズキャンセリングをONにしたときには低音だけがカットされて高音が逆に強調されて聞こえやすくなってしまう特性を感じました。

低音に関してはしっかりめにカットされるので、室内のエアコンなどに対してはほぼ無音の環境を作りだ出すことができますが、カフェなどで使ってみると、お皿やコップを洗っている音などが逆に目立つようなイメージです。

外音取り込みについては価格相応で、しっかりと機能していますが若干のこもりを感じます。

通話(相手に聞こえる時の)音質

通話中に相手に聞こえる音質に関しては、この価格帯であれば満点を与えてもいいレベルでした。比較したのは先ほどの登場したAirPods Proですが、AirPods Proをすこーしだけ曇らせたような音質で自分の声が相手に届きます。10,000円以下のイヤホンの通話音質ってそこまで良くなかったりするんですが、意外に良くて驚きました。

また、ワイヤレスイヤホンを使う上で「通話」という動作が最も電池を消費するタスクなのですが、LINE電話を1時間ほどした場合ので電池消費量は12〜15%くらい。長電話をよくする方や、ハンズフリー通話で相手に迷惑をかけたくない方であればCapsule3 Proはおすすめです。

課題は残るものの、Capsule3 Pro低音好きや通話目的で活躍の予感

外音取り込みやノイキャン、イヤホンの収納についての課題は残りますが、低音が好きな方や長時間の通話が日課になっているような方にとっては嬉しいスペックかと感じました。

販売価格は8,480円となる予定ですが、サイト限定のクーポンコードと期間限定のAmazon内割引を併用することで6,176円で購入可能です。

期間限定の割引クーポン

クーポンコード:CPS3PBLG08
使用期限:2022/12/26 ~ 2023/1/02

↑この記事が良かったと思っていただけたら、是非いいねボタンをよろしくお願いします!

現在実施されているセール情報

Instagram

レビュー中心ではありますが、インスタもやっています。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うえだりゅう

PCやスマホが大好きです。 いくつかのメディアを運営しながら、一般層向けパソコンの使い方や選び方などの解説をしています。最新のテクノロジーや技術にも興味があり、運営しているサイト内で最新のデバイスを検証・レビューを行っています。