Apple WatchとiPhoneを同時充電できるすごいマグセーフバンカーリングが出たぞ!RORRY充電器レビュー

うえだりゅう

「Apple WatchとiPhoneを同時充電できるスタンド機能付きMagSafeバンカーリング」

ちょっと機能が詰まりすぎていて何を言っているのかがわからなくなりそうですが、タイトル通りのものすごい充電器が「RORRY」というメーカーからリリースされました。

今回はMagSafe充電器を2つ購入したところタイミングよくメーカー様から「ぜひ、Apple Watch用のバッテリーも登場させてください!」とお声かけいただきましたので同時にレビューをさせていただきます。

今回レビューしているのは以下の2製品。

3in1充電器

黒バーションもありますが、1,000円も値段が高いです…笑

Apple Watch & iPhoneバッテリー【提供品】

ご提供[PR]

当記事は商品を提供頂き作成しています。

簡単なレビューとなりますが、サクサクっと紹介させていただきます。

RORRY製品を同時開封。まずは3in1 MagSafe 充電器から詳しくチェック

どちらも同じ会社の製品ということもあり、パッケージサイズは全く一緒でした。大手メーカー品のような高級感はなく、必要最低限の梱包といった感じ。

まずは「MagSafe充電器」から。

パッケージ内容は Type-C to Type-Cの白ケーブル充電器本体とスマートフォンをMagSafe規格に対応させるための金属リングの3つ。

製品に付属していたリングはC型でしたが、この充電器を購入する前からMagSafeに対応していない iPhoneXR にO型リング装着していました。

装着しているのはAmazonブランドの「Eono (イオーノ)」というメーカーのものですが、安くてバリもないのでMagSafe化したい全てのデバイス(Androidスマホなど)に装着しています。

iPad miniなんかにもつけていて、充電はできないもののMagSafeスタンドにくっつけておけるので便利です。今回付属しているものも全く同じ性能でした(磁力で吸着する強さも全く同じでした。)

iPhoneを充電してみる

RORRYの充電器は、MagSafe対応しているiPhoneであればそのまま磁力でくっつきます。

今回はApple純正のMagSafeシリコンケースを装着しているiPhone12で検証していますが、MagSafe対応していないケースだと磁力が落ちる場合があるので注意です。

iPhoneにくっつけた状態で側面のType-Cポートから給電してあげれば純正MagSafe充電器と同じ挙動(同じアニメーション)で充電が開始されます。

ただ、製品概要には15W給電と書かれていたのですが、実際は9〜10Wを行き来する給電速度でした。

iPhoneとは逆側でApple Watchの充電も可能

iPhoneを充電している側(くっついている側)とは逆の小さな窪みはApple Watchを充電するためのもの。

こちらもApple Watchの充電器と同じ挙動で充電されます。形状も純正と全く同じなので、未検証ではありますが新型のAirPods Proもワイヤレス充電が可能かと思われます。

リングを起こせばバンカーリング&スタンドにも

充電器のシルバーリングは装飾としてもアクセントになっていますが、グイッと起こせばスマホリング(ホールドリング)にもなります。

ただ、iPhoneに直付けでもMagSafe対応のケース越しでも、スマホリングとしては磁力が少し足りないと感じました。けっこう強力にくっついてくれるんだけど、これを落下防止の用途として完全に信頼するにはちょっと厳しいといったような感想を持ちました。

解決策としては付属の金属リング(黒リング)を装着すること。磁力が倍ほどになるので、吸着パワーを増したい方はMagSafeに対応しているiPhoneでもメタルリングを使うことをおすすめします。

当たり前ではありますが、リングを起こした状態だと簡易的なスタンドとしても使用可能です。

縦置きはちょっと安定しませんが、横置きはかなり実用的。

  • iPhoneの充電器
  • AppleWatchの充電器
  • スマホリング(スタンド)

これらの要素は3in1となっていますが、個人的にはスマホリングとしてiPhoneにつけっぱなしにしておけば、iPhoneの充電端子をType-C端子に変換できるというのが大きなメリットだと感じました。

次はApple Watch &iPhone用バッテリー

次はApple Watch & iPhone用バッテリーです。容量は5,000mAhということなので、iPhoneを2回程度Apple Watchであれば10回程度充電可能な容量ですね。

Apple Watchはバッテリー中央の窪みに乗せるだけで充電できます。

iPhoneの充電器はちょっとだけ隠れているんですが、このストラップ部分がケーブルになっているんです。先端に爪を引っ掛けてグイ〜っと引っ張ればライトニングケーブルが伸びてきます。

iPhoneはワイヤレス充電ではありませんが、ケーブルを持ち歩かなくても充電できるのは嬉しいですよね。

ただ、このケーブル部分を「ストラップ」として使うのは断線などが心配で気が引けてしまいます。耐久性に関しては使い込んでみないとわかりませんが、アイディアはナイスです。(もし断線したら追記しておきますね。笑)

「RORRY」Apple製品の充電器界の定番となるか

今回はご提供いただいたバッテリーと、自費購入した充電器×2個のレビューでしたが、どちらもアイディア満載の面白い製品だと思います。

まだまだメーカーとしてはあまり知られていませんが、今後の新製品が楽しみですね。持ち運ぶ充電器の数を減らしたい方などにお試しいただければと思います。

3in1充電器↓

黒バーションもありますが、1,000円も値段が高いです…笑

Apple Watch & iPhoneバッテリー【提供品】↓

↑この記事が良かったと思っていただけたら、是非いいねボタンをよろしくお願いします!

現在実施されているセール情報

Instagram

レビュー中心ではありますが、インスタもやっています。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うえだりゅう

PCやスマホが大好きです。 いくつかのメディアを運営しながら、一般層向けパソコンの使い方や選び方などの解説をしています。最新のテクノロジーや技術にも興味があり、運営しているサイト内で最新のデバイスを検証・レビューを行っています。