Windows 周辺機器

パソコンを動かすために必要な周辺機器の種類を解説!おすすめ周辺機器も紹介

2020年6月8日

デスクトップパソコンを購入するときには、本体だけではなく周辺機器もあわせてそろえる必要があります。

ノートパソコンやタブレット型パソコンは周辺機器がなくとも使えますが、デスクトップパソコンは単体では使えません。本体だけではなにもできないのです。

この記事ではデスクトップパソコンを使うために必要不可欠な周辺機器について紹介していきます。なお、ノートパソコンもここで紹介する周辺機器があることで、もっと便利に使えるようになるためぜひ参考にしてください。

動作に必須な周辺機器

モニター(ディスプレイ)

モニターはパソコンの処理した映像を映し出すための機器です。自分が入力したデータやパソコン側が処理した情報は、モニターが映し出すことで初めて認識できるようになります。そのため必要不可欠な周辺機器になります。

ノートパソコンの場合も追加で購入することでマルチモニター環境にすることができます。2画面での操作が可能になるため、作業効率が上がります。

用途によって必要な解像度やサイズが異なる

現在はテレビのような液晶パネルが主流で、画面解像度やサイズ、応答速度などが違った機種が様々なメーカーで販売されています。選び方の基準や詳しい情報は、こちらの記事で解説しています。»モニターの選び方(鋭意執筆中)

マウス

マウスはパソコンを操作するための機器です。画面内に表示されているマウスポインタを移動させて、ウィンドウを動かしたり、決定やキャンセルの操作を行うことができます。

マウスは直感的な操作が可能

パソコンはマウスがないと直感的に操作することができません。マウスもパソコンを使う上で必要不可欠な周辺機器の一つです。ノートパソコンにはタッチパッドがマウスに代替されていますが、マウスがあったほうがより直観的な操作が可能になるため、持っていて損はありません。

マウスには、操作しやすいようにボタンがたくさんついているもの、無線・有線接続のものなど、用途によって種類は多く販売されています。選び方については以下の記事をご覧ください

無線?有線?マウスの選び方を徹底解説!【おすすめマウス4選】

キーボード

キーボードは主にパソコンに文字を入力するための機器です。ネットサーフィンやメール、officeなどパソコン作業に文字入力は必須です。キーボードは文字入力を効率よく行うために重要な周辺機器となっています。

Windowsにはマウスをつかって文字を一つずつ入力ができる、ソフトウェアキーボードという機能があります。しかしこれは効率的ではないため、あくまでキーボードの故障時に応急処置として利用するのが望ましいです。

種類が豊富なキーボード

キーボードには、メンブレンやメカニカルというキーの耐久力や入力感度が違うものや、バックライトの有無、無線・有線接続のものなど様々な種類があります。選び方については以下の記事をご覧ください

スイッチ方式はどれがいい?失敗しないキーボードの選び方を徹底解説!

スピーカー・ヘッドホン

スピーカー・ヘッドホンは、パソコンから出力された音を鳴らすための機器です。デスクトップパソコン自体やパソコン用のモニターにはスピーカーがついていないことが多いです。そのため、パソコンから出る音を聞くためにはスピーカーかヘッドホンが必要になります。

いいスピーカー・ヘッドホンは音質がいい

スピーカーがあると、高音質で映像や音声の視聴が可能になります。ヘッドホンは自分の耳にダイレクトに音が届くため、スピーカーだと周りの人の迷惑になる場合はヘッドホンを使用するといいでしょう。

ノートパソコンにはスピーカーが内蔵されています。しかし、音質やボリュームがよくないものが多いため、別にそろえる必要があります。スピーカーやヘッドホンは、パソコンとの接続方法やステレオ・サラウンドの違い、音質などによって様々な種類があります。

あると便利な周辺機器

モニター・マウス・キーボードとは違って動作に不可欠というわけではありませんが、パソコンの用途によって必要になったりあるともっと便利にパソコンが使えるようになったりする周辺機器を紹介していきます。

ウェブカメラ

ウェブカメラとは、主にビデオ通話をするための機器です。zoomやskypeなどのビデオ通話や、動画配信などで自らの顔を映しだすために使用します。

動画配信用・ビデオ通話用・監視カメラ用など、用途によってレンズも画質も様々です。ウエブカメラについての詳しい解説は»ウェブカメラの用途別選び方(執筆中)の記事をご覧ください。

Bluetoothレシーバー

Bluetoothレシーバーとは、パソコンにBluetooth機能を追加する機器のことです。マウスやキーボード、ヘッドホンの中には、スマートフォンとパソコンの両方で使えるようにBluetooth接続という方式を採用している製品が多くあります。

しかし、Windowsが搭載されたデスクトップパソコンのほとんどはデフォルトではBluetooth通信ができません。ノートパソコンの中にもできないものがあります。そのようなパソコンにBluetoothレシーバーをつけることで、Bluetooth接続のマウスやキーボードが使えるようになります。

価格も比較的安価なので、手元にBluetooth接続の機器を持っている人はぜひ購入してみてください。

他にもたくさんの周辺機器がある!

この記事では紹介しませんでしたが、パソコン周りを彩る便利な周辺機器はたくさん存在します。例えば、デスクトップパソコンに無線LAN機能を追加するもの、USB端子を追加するものなどがあげられます。

周辺機器には、自分のやりたいことに合わせてパソコンの機能を拡張していけるという魅力があります。自分に合った周辺機器選びを楽しんでください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

02

サイト制作者の弟です。 皆様が抱えている問題を1つでも多く解決できるようにコンテンツを制作します。Windowsパソコン、iPadやsurfaceなどのモバイル機器が得意分野で、サイト内のイラストも担当しています。

-Windows, 周辺機器

© 2020 パソコンの教科書