当サイトの記事内には広告やPRが含まれています。
コンテンツ制作ポリシーに基づき、消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツ制作を行っております。
もし、問題のある表現や内容が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

   

パソコン工房の特徴や評判・評価。国内最安値クラス&新品、中古、買取ありの万能なBTO。

上田

パソコン工房」は、全国にショップを構えたBTOパソコンメーカーです。

自分好みのパソコンをカスタマイズできるうえ、常時セールを行っていて、デスクトップパソコンを中心に国内生産とは思えないほどの安い価格を実現しています。このページでは、価格重視の人からスペック重視の上級者までおすすめできる「パソコン工房」について紹介しています。

パソコン工房の売れ筋モデル
LEVEL∞ R-Classicon シンプルなデザインと高い機能性&拡張性を持ったゲーム向けミドルタワー。
簡易水冷CPUクーラー搭載モデルも多数。
LEVEL∞ M-Classicon ハイパフォーマンスながらも省スペースなゲーム向けミニタワーデスクトップPC。
ミドルスペックならR-Classよりも省スペースでおすすめ。
SENSE∞ F-Class / ノート パソコン工房のクリエイター向けPCブランド。
少し下へ»パソコン工房の売れ筋モデル詳細

パソコン工房について

パソコン工房は、大阪市に本社を置く「株式会社ユニットコム(以下:ユニットコム)」が展開するパソコンショップです。

パソコン工房
社名 株式会社ユニットコム
本社所在地 大阪市浪速区日本橋4丁目16番1号
設立 1990年9月28日(アロシステムとして)
従業員数 約800人
実店舗数 パソコン工房:82店舗
(以下、パソコン工房店舗に統合)
グッドウィル
TWOTOP
Faith
BUY MORE
取り扱い製品 オリジナルパソコン
パソコンパーツ
ソフトウェア
パソコン周辺機器
サポート・修理・中古販売・買取
公式»パソコン工房公式サイト

ユニットコムは「株式会社MCJ」の完全子会社です。MCJはマウスコンピューターも傘下にしており、パソコン工房とマウスコンピュータは同じグループ会社となっています。

自作パーツや中古パソコンでおなじみ「デジタルドラゴン」もパソコン工房の傘下です。

パソコン工房の製品ラインナップや特徴

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

パソコン工房の全体的な評価と特徴などを簡単にご紹介します。

パソコン工房の評価

製品価格
4.5
デザイン
3.0
知名度
4.0
カスタマイズ
3.5
サポート
4.0
品揃え
4.5

  パソコン工房  全体平均

  • 4.5【製品の価格
    →デスクトップは海外メーカーと比較しても安い。ノートパソコンは国内メーカーとしては安い部類。
  • 3.0【筐体デザイン
    →デザイン面では特段優秀ではないが、普通のパソコンといった印象。「RGB Build」のように見た目にこだわったモデルもある。
  • 4.0【知名度
    →積極的にCMなどを打つメーカーではないが「パソコン工房」というメーカー知名度は高め。
  • 3.5【カスタマイズ性
    →カスタマイズの幅は広い。スペック以外の部分(ケースやクーラー、電源など)は交換できないものも多いが、大きな問題ではない。
  • 4.0【サポート体制・保証
    →24時間体制の電話サポートがつながりにくい以外に大きな欠点がない。中古品までカバーしている保証内容も優秀。
  • 4.5【メーカー内の品揃え】
    →一体型デスクトップ意外はPCパーツまで含めそろわないものはほとんどない。

全体的な評価としては、どのパソコンメーカーと比較しても優秀と言ってしまって良いでしょう。唯一「デザイン」のみスコアが低い結果となりましたが、筐体の品質などは問題はなく、Dellの「Alienware」やLenovoの「Legion」のように作りこまれたブランドを象徴するようなモデルがないためです。

逆にとらえると「一般的なく規格のパソコン」となるので、自身でのカスタマイズやパーツの汎用性が高いなどがメリットとなります。

パソコン工房の取り扱い状況
モバイルノート あり
据え置きノート あり
ミニPC あり
デスクトップ あり
液晶一体型 なし
ゲーミング あり

パソコン工房のラインナップはデスクトップPCが中心となりますが、ノートパソコンはもちろん自作ユーザー向けのパソコンパーツまで取り扱いの幅は広いです。

5~6万円付近のノートパソコンを除けば全体的に高スペックなモデルが多く、ゲームやクリエイティブなど、用途に合わせた選び方が可能。特にデスクトップのコストパフォーマンスは高く、セールを絡めると国内メーカーとは思えないほどの安さ。ノートパソコンに関してはミドルエンドの価格が少し高い印象で、ハイエンドに近づくほど安くなる傾向にあります。

液晶一体型(オールインワンPC)のみ取り扱い無し。

パソコン工房内ブランド一覧

パソコン工房のオリジナルブランドは「∞(インフィニティー)」シリーズで統一されており、ノートパソコン、デスクトップパソコンでブランドの違いはありません。国内だと型番のみで明確にブランドが分かれていないメーカーもあるのですが、パソコン工房はわかりやすいので助かります。

パソコン工房の簡単な解説

  • 国内大手BTOメーカーでラインナップも豊富
  • デスクトップパソコンの価格がとにかく安い
  • 国に店舗を展開していて通販で購入したPCもサポ―ト可能
  • 中古・買取・アウトレット品も豊富

順に解説します。

国内大手BTOメーカーでラインナップも豊富

パソコン工房は「マウスコンピュータ」や「ドスパラ」と並び国内ではBTO(受注生産)パソコンメーカーとして一番有名な部類。

高品質なiiyamaブランドのディスプレイを搭載したノートパソコンだけでなく、デスクトップパソコンやゲーミングPC、クリエイター向けPC、ビジネスPCなど幅広い機種を展開しています。エントリークラスからハイエンドクラスまで揃っており、国内メーカーとしては安くて高品質。コストパフォーマンスを重視する人にはおすすめです。

パソコン工房のPCの組み立てや製造は、1973年創業のPCモニターで有名な老舗ブランド「iiyama」が長野県飯山市の国内工場で行っています。安いだけでなく、国内の工場で徹底した品質管理と国内生産・組み立てを行っており、品質的にも信頼性が高いです。

デスクトップパソコンの価格がとにかく安い。

国内生産だと、どうしてもコストが高くなるように思いますが、デスクトップパソコンを中心にコストパフォーマンスに優れたモデルを販売しています。ノートパソコンは海外メーカーと比較すると少し割高ですが、国内メーカーの中ではトップクラスの安さ。英語配列の使いまわしではない純粋な日本語キーボードを求めている方などは最有力候補。

価格面で見ると、とにかく推したいのはデスクトップ。

国内メーカーだと間違いなく最安値で、海外メーカーと比較しても価格で並ぶのはLenovoとDellのみと言ってしまって良いでしょう。価格も安定しており、他社でデスクトップパソコンを選ぶ場合でも価格の基準となるので必ず目を通していただきたい。

全国に店舗を展開していて通販で購入したPCもサポ―ト可能

パソコン工房は全国70店舗以上展開しており、北海道から沖縄まで47都道府県中38都道府県に合計82店舗を展開しています。※2203年6月現在。

パソコン工房 実店舗
北海道 5店舗 埼玉県 - 岐阜県 1店舗 鳥取県 1店舗 佐賀県 1店舗
青森県 - 千葉県 1店舗 静岡県 - 島根県 1店舗 長崎県 2店舗
岩手県 - 東京都 8店舗 愛知県 7店舗 岡山県 2店舗 熊本県 1店舗
宮城県 3店舗 神奈川県 - 三重県 2店舗 広島県 4店舗 大分県 1店舗
秋田県 - 新潟県 1店舗 滋賀県 1店舗 山口県 2店舗 宮崎県 1店舗
山形県 1店舗 富山県 1店舗 京都府 1店舗 徳島県 1店舗 鹿児島県 1店舗
福島県 2店舗 石川県 1店舗 大阪府 8店舗 香川県 1店舗 沖縄県 3店舗
茨城県 1店舗 福井県 1店舗 兵庫県 5店舗 愛媛県 1店舗
栃木県 1店舗 山梨県 - 奈良県 1店舗 高知県 -
群馬県 1店舗 長野県 - 和歌山県 1店舗 福岡県 5店舗

オンラインだけの対応では不安な方も、実店舗でサポートを受けられます。

店舗が近くにあれば、スタッフと相談しながらBTOパソコンを購入できたり、修理の際にすぐに持ち込んで直してもらえます。またオンラインでパソコンやパーツを注文して近くの店舗で受け取れば、送料の節約につながります。

パソコン工房で購入した商品だけでなく、他店購入品や他社メーカー品も修理対応してもらえます。

中古・買取・アウトレット品も豊富

パソコン工房ではWindowsパソコンだけでなくMac、スマホやPCパーツまで様々な中古部品が揃っています。

14日間WEB安心返品保証 サービス」に加えて、パソコン本体であれば最低3カ月の保証がついてくるので、中古でも安心して購入することができます。

Web通販サイト・実店舗共に「5のつく日と土・日・祝は中古の日」となっており、中古品であれば対象外となるものはほぼなく2,000アイテム以上が割引となります。さらに購入だけでなく買取も査定価格が10%アップとなります。僕自身も土日は名古屋大須の実店舗に中古品狙いで足を運ぶことも度々。

パソコン工房のパソコンを選ぶ際に気を付けるポイント

パソコン工房を選ぶときに注意するポイントです。致命的なデメリットはありませんが、注意しておいた方がいいことがあります。

注文処理完了後のキャンセル・変更は原則不可

パソコン工房公式サイト(抜粋)

注文内容の変更・キャンセルについて

ご注文手続完了後に、注文内容の変更や、お客様ご都合によるキャンセルは一切承っておりません。ご注文の際は十分にご検討の上、ご注文手続き頂きますようお願いいたします。

公式サイト |注文内容の変更 ・キャンセルicon

パソコン工房での注文は、その原則キャンセルできません。

「間違って注文したからキャンセルしたい」といった、注文者側の都合でのキャンセルは受けてもらえません。ただし、「ご注文確認メール」もしくは「ご入金確認メール(※前払いを選択の場合)」の送信前であれば、キャンセルをお受けすることが可能です。

サポート対応が遅いことがある

パソコン工房には 使用方法・商品の故障・不具合・内容確認などのご購入後の相談が可能な24時間365日対応の電話サポートセンターが設置されています。※購入前の相談は9時~18時限定

しかし、窓口の数が少ないのか問い合わせが多すぎるのか、電話がつながりにくいことが多々あるようです。パソコン工房のホームページに混雑しやすい時間帯に対する情報が掲載されているので、つながりやすい時間を確認して問い合わせをしてみてください。

公式サポート»電話窓口の混雑状況 | パソコン工房icon

クーポンやポイントを利用するためには会員登録が必要

パソコン工房には、様々なセール、クーポン、ポイント制度などの割引がありますが、その中の一部は会員限定のサービスとなります。

会員になると、以下の特典も付いてきますので、パソコンやパソコンパーツなどを購入するのであれば会員登録を行っておきましょう。

パソコン工房の会員特典(抜粋)

  • Web会員限定特別クーポン
  • WEB会員・ビジネスご優待会員限定の特選タイムセール
  • 購入時に使えるポイント制度
  • 新商品・セール情報をメールでお知らせ
  • 自分専用のマイページで状況紹介や履歴チェックができる

もちろん、メールが煩わしい人はマイページから配信停止することもできます。

公式»会員登録ページ(個人・法人)
icon

パソコン工房(サイト内)のパソコンの探し方

パソコン工房ではデスクトップの種類分けが少しわかりにくくなっているのですが「Class」ごとにケーズサイズが分かれています。

また、構成がよく似ているゲーミング向けのLEVEL∞とクリエイター向けのSENSE∞ですが、ゲーミング向けはGPU(グラフィックボード)重視、クリエイター向けはCPU重視の構成になっています。ミドルエンドモデルにはそこまで大きな違いはありませんが、Class(ケーズサイズ)とCPUとGPUの兼ね合いを頭に入れながらおすすめ機種に目を通してみてください。

グラフィックボード性能目安
RTX 40xx RTX 30xx GTX 16xx 性能目安
RTX 4090 - - FHD / 360FPS↑
WQHD / 240FPS↑
4K / 120FPS↑
RTX 4080 - -
RTX 4070 Ti RTX 3090 Ti
- FHD / 360FPS↑
WQHD / 240FPS↑
4K / 90~120FPS
RTX 4070 RTX 3090
RTX 3080 Ti
RTX 3080
- FHD / 240~360FPS
WQHD / 120~240FPS
4K / 60~90FPS
RTX 4060 Ti RTX 3070 Ti
RTX 3070
- FHD / 160~240FPS
WQHD / 90~120FPS
4K / 60FPS
- RTX 3060 Ti - FHD / 120~160FPS
WQHD / 60~90FPS
- RTX 3060 - FHD / 90~120FPS
WQHD / 60FPS
- RTX 3050 GTX 1660 SUPER
GTX 1660
FHD /60~90FPS
-  - GTX 1650 FHD / 30~60FPS
※FPS値は目安かつゲーム内の高設定を想定しています。
ゲームタイトル公式サイトにて必要スペックをご確認ください。

また、ゲーミングパソコンの場合は搭載しているグラフィックボードを中心に目安を参考にしてみてください。

パソコン工房の売れ筋&おすすめモデル

パソコン工房の売れ筋モデルからおすすめ機種を抜粋して紹介します。

LEVEL∞ R-Class|大人気の拡張性抜群なゲーミングPC

パソコン工房の中では最も人気モデルとなるのが「LEVEL∞ R-Class(ミドルタワー)icon」となります。

価格も安く、拡張性も抜群。水冷クーラーも標準搭載しているモデルも多いので、ハイスペックな構成でもフルに使いたい方にお勧めです。プレイしたゲームに応じたゲームタイトルごとの推奨パソコンiconが紹介されているので、自分に合ったモデルを探すのも簡単です。

コラボレーションモデルも多く、eスポーツチーム、プロゲーマーはもちろん、声優やVTuberなどとコラボしたパソコンも販売されており、購入特典付きのセット商品もあります。コラボモデルはセール対象にならないので安く買うのは難しいですが、お気に入りのインフルエンサーやプロゲーマーのコラボモデルがあれば選択肢としてはあり。

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

ちなみにRGBファンを搭載した「RGB Build」と呼ばれるモデルもあるのですが、同じ構成でも価格がけっこう上乗せされます。どちらも同じ構成でCPUクーラーも水冷なので、ケースの作り以外に違いはないと言ってしまって良いでしょう。性能に対するコスパを重視するのであればライティング非搭載モデル一択です。

また、コラボモデルも少し高い場合があり、割引対象にもなりにくいので、価格面では少しおすすめしにくいです。(コラボ対象のファンであれば価格は見ないでGO!)

ブランド内のおすすめモデルは以下。

iiyama LEVEL-M7P5-R56X-RBX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細(未カスタム時)
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4-3200
GPU GeForce RTX 3060
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
価格 135,800円~(税込)
»iiyama LEVEL-M7P5-R56X-RBXicon

Ryzen 5 5600X(6コア12スレッド)GeForce RTX 3060を搭載したライトゲーマー向けモデル。とはいえ、RTX 3060はひと昔前のGTX 1080 Tiや、RTX 2070 SUPERと同等のスペックを持つGPUなので、フルHD144FPS程度であれば問題なくプレイ可能。Ryzen 5 5600Xがボトルネックにもなりにくく、Intel CPU搭載モデルよりも安い。

公式»iiyama LEVEL-M7P5-R56X-RBXicon

 

iiyama LEVEL-M76M-137-SLX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細(未カスタム時)
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i7-13700
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4-3200
GPU GeForce RTX 4060 Ti
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
価格 204,800円~(税込)
»iiyama LEVEL-M76M-137-SLXicon

搭載しているCPU、GPUともにハイエンド寄りで、フルHDやWQHDでのゲームプレイで困ることはほぼないと言っていい。CPUは16コア24スレッドのCore i7-13700で、クリエイティブ向けとしても◎。

公式»iiyama LEVEL-M76M-137-SLXicon

 

iiyama LEVEL-R779-LC139KF-XLX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細(未カスタム時)
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i9-13900KF
メモリ 32GB(16GB×2) DDR5-4800
GPU GeForce RTX 4090
ストレージ 1TB NVMe対応 M.2 SSD
価格 459,800円~(税込)
»iiyama LEVEL-R779-LC139KF-XLXicon

LEVEL∞ R-Classの中でCPUとGPUが最もハイエンドかつ最安値のモデル。最上位モデルはメモリが64GBとなりますが、ゲーム用途として使い切ることは少ないので32GBを選択。i7搭載モデルでもGeForce RTX 4090の足を引っ張ることはほぼないが、広めの用途にガンガン使えるi9も魅力。一点、CPUが「F付き」となり内臓グラフィックを有していない点に注意(マザーボードの映像端子使用不可。)

公式»iiyama LEVEL-R779-LC139KF-XLXicon

そのほかにもCPU×GPUで様々な組み合わせがあるので「R-Class」の製品一覧もチェックしてみてください。ゲーミングPCとしては明らかにボトルネックとなる構成でも販売されていますので、その点のみ注意してください。

公式サイト»LEVEL∞ R-Class(ミドルタワー)TOPページicon

LEVEL∞ M-Class|ミニタワーの小型ゲーミングデスクトップ

先ほどの「R-Class」がミドルタワーだったのに対し、「M-Class」はミニタワーでマザーボードもMicro-ATXとなるので、多少の拡張性が劣るものの一般的なケースかつ省スペースなゲーミングデスクトップ。おすすめ構成はCPUクーラーの兼ね合いからミドル付近。

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

CPU、GPU、メモリ容量、ストレージ容量が全く同じでケースサイズのみ違う場合は価格もほぼ変わりませんが、13世代Intel CPU搭載モデルにおいては「R-Class(ミドルタワー)」にはDDR5メモリ、「M-Class(ミニタワー)」にはDDR4メモリが搭載されています。メモリの世代によってゲーム性能が大きく変わることは少ないですが、より最新世代に近づけたい場合は大きいサイズのケースを選びましょう。(※マザーボードの仕様による違いなので、DDR4搭載モデルをDDR5へ自力交換は不可。)

また、高性能なモデルになると長時間のゲームプレイでGPU・CPU共にの冷却不足となる場合がある点にも注意です。カスタマイズで搭載できるCPUクーラーは「12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー (基本構成)」のみとなると現実的にフル稼働の Core i7-13700 を冷却しきるのは難しい。

おすすめ機種はこちら。

iiyama LEVEL-M76M-134-SAX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i5-13400
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4-3200
GPU GeForce RTX 3060 Ti
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
価格 価格0,000円(税込)
iiyama LEVEL-M76M-134-SAXicon

ミニタワーケース+120㎜水冷クーラーという冷却性能を考慮してCPUは「Core i5-13400」がおすすめ。ゲームではCPUをフル稼働するような使い方ではないので、i7搭載モデルを選んでも問題ありませんが、ハイエンド構成を選ぶならミドルタワーモデルをおすすめする。CPUがミドル性能となるので、GeForce RTX 3060 Tiあたりが性能バランスも良い。

公式iiyama LEVEL-M76M-134-SAXicon

冷却性能を重視しない場合、ミドルタワーを設置する面積がない、パソコン本体を机上に設置したいなどの場合はこれよりも高いスペックも可。なおLEVEL∞ M-Classの中には【GPUを搭載していない(内臓GPUのみの)モデル】もゲーミングとしてラインナップに掲載されているので、価格だけを見て買うことのないように注意。

公式サイト»LEVEL∞ M-Class(ミニタワー)トップページicon

SENSE∞ F-Class|良コスパのクリエイティブ向けPC

漫画やデザイン制作、動画編集、CADなどさまざまなクリエイティブな作業に最適化したブランドが「SENSE∞センスインフィニティ)」です。最適化といってもCPU、GPU、メモリなどのパーツはゲーミングモデルとほぼ変わりないので、スペックを判断できる人であれば外観で選んでしまっても問題ありません。

ゲーミングパソコンとして販売されている「LEVEL∞」との違いは、おすすめされているモデルがCPU優先(CPU>グラフィックボード)の構成が多いことと、選択できるグラフィックボードにRTX Aシリーズが追加されていることの2点。

GPUについてですが、RTX Aシリーズ は GeForce RTXシリーズとは全くの別物でゲームはできないと考えてください。また、一般的な動画編集や簡単な3Dモデリングなどの制作においてはげゲーム用として使われる「GeForce RTXシリーズ」で問題ありません。RTX Aシリーズは高額かつ大容量メモリを搭載したGPUで、主に業務用として使われることが多く、AI(人工知能) 開発、シミュレーション、ラスタライゼーション、ディープラーニングなど目的が決まっている場合のみ選ぶようにしましょう。

SENSE∞内のおすすめモデルはこちら。

iiyama SENSE-F079-LC137KF-RBX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i7-13700KF
メモリ 16GB(8GB×2) DDR5-4800
GPU GeForce RTX 3060 12GB
ストレージ 1TB NVMe対応 M.2 SSD
価格 219,800円(税込)
»iiyama SENSE-F079-LC137KF-RBXicon

グラフィック非搭載のCore i7-13700KF(16コア24スレッド)で価格を抑えつつ、ゲーム用としても活躍するRTX 3060 12GB 搭載しているので様々な用途にマッチ。どちらかといえばCPU優先ですが、動画編集等のハードウェアエンコードでも、もたつきを感じない構成。

公式»iiyama SENSE-F079-LC137KF-RBXicon

デスクトップではミニタワーを選んでしまうと、カスタマイズで選べるのが「空冷クーラー」となるので。Core i7以上を選ぶのであれば少し心もとない。かといって、Core i5を選ぶのであればデスクトップでなくノートのほうが取り回しがいいので、個人的にそこまでハイスペックを求めないのであればデスクトップでなくノートをおすすめしたいですね。

iiyama SENSE-16FX154-i7-PLSX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i7-13700HX
メモリ 16GB(8GB×2) DDR5-4800
GPU GeForce RTX 4050 6GB
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
ディスプレイ 非光沢16型WUXGA
(1920×1200)
バッテリー 約6.9時間
※JEITA測定法Ver.2.0準拠
重量 約2.6kg (バッテリー含む)
価格 179,800円(税込)
»iiyama SENSE-16FX154-i7-PLSXicon

SENSE∞ブランドの中では外部GPUを搭載しているモデルで最も安価なクリエイティブ向けノート。Core i7-13700HXはノート向けCPUではありますが、16コア24スレッド(ターボ時5GHz)とデスクトップ並みの性能。大画面かつ高性能となるで重量が2.6Kgと少し重めですが、据え置きクリエイティブ向けノートとして優秀。

公式»iiyama SENSE-16FX154-i7-PLSXicon

 

iiyama LEVEL-15FX152-i5-NASX

引用/出典 : パソコン工房公式サイト

スペック詳細
OS Windows 11 Home [DSP版]
CPU Core i5-12500H
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4-3200 
GPU GeForce RTX 3050 4GB
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
ディスプレイ 非光沢15.6型
(1920×1080)
バッテリー 約5.6時間
※JEITA測定法Ver.2.0準拠
重量 約2.12kg(バッテリー含む)
価格 144,800円(税込)
»iiyama LEVEL-15FX152-i5-NASXicon

ゲーミングモデルのLEVEL∞にて外部GPU(GeForce RTX 3050 4GB)を搭載していてお手頃価格となるのがこちら。Core i5-12500Hと先ほどのクリエイティブ向けノートよりスペックは劣るものの12コア16スレッドとライトな用途であれば十分。

公式»iiyama LEVEL-15FX152-i5-NASXicon

最後に別メーカーではありますが、Lenovoのノートパソコンも少し紹介します。価格だけで見るのであればやっぱり海外メーカーは強い。

Lenovo IdeaPad Gaming 370i 16型

引用/出典 : Lenovo公式サイト

スペック詳細
OS Windows 11 Home
CPU Core™ i5-12500H
メモリ 16 GB DDR4-3200MHz
GPU GeForce RTX™ 3050  4GB
ストレージ 512 GB SSD
ディスプレイ 非光沢16型 WUXGA
(1920 x 1200 165Hz)
バッテリー 約9時間
  約2.6kg
価格 114,840円(税込)
»Lenovo IdeaPad Gaming 370i 16型

Lenovoのゲーミングノート。構成はパソコン工房のiiyama LEVEL-15FX152-i5-NASXiconと同じではありますが、価格が安い。国内メーカーにこだわらないのであればLenovoが最安となるので選択肢に入れてもOK。165Hzディスプレイ搭載で、ライトなゲーミングとしても優秀。

公式»Lenovo IdeaPad Gaming 370i 16型

やっぱりパソコンのスペックを並べて価格で比較するとLenovoやDellが強いですね。安いのですが製品のクオリティーも上々で、壊れやすいなどのデメリットもありません。ノートパソコンを選ぶ際には、ぜひ海外メーカーも候補に入れて探してみてください。

ここで紹介したモデル以外にも様々な構成でクリエイティブ向けPCが販売されていますので、SENSE∞のトップページも確認してみてください。デスクトップパソコンは国内外のメーカー問わず最安値クラスです。

公式»パソコン工房「SENSE∞(クリエイター向けブランド)」TOPページ

パソコン工房のセールや割引情報

パソコン工房のセールや割引
期間ごとのセール あり:»期間限定セールページ
クーポン割引 あり:個人・法人 会員限定クーポンiconあり
アウトレット あり:»パソコン工房のアウトレットicon
学割 なし。学生モデルの「キャンパスPC」のみ

パソコン工房では常に期間セールを開催しており、割引対象のモデルであればお得に購入することができます。特に、2月~3月の決算セール、6月のボーナスセール、9月の半期決算セール、12月・1月の年末年始セールが割引率が高くおすすめ。パソコン本体だけでなく、パーツもセール対象になるので自作PC派も注目です。

また、100台限定の割引率の高い特価セールも狙い目。会員限定のセールや、実店舗限定のオープンセールなどもあり、セールを積極的に行っているメーカーといった印象です。

パソコン工房の無料・長期保証やサポート

パソコン工房の保証制度は新品と中古品では異なります。次の表は、新品のパソコンを購入した際の保証制度です。

パソコン工房の補償詳細(一部)
メニュー  保証期間  保証内容 費用
標準保証 1年 自然故障に対して金額無制限で保証 無料
3年延長保証 3年 自然故障に対して金額無制限で保証 本体金額の10% or 6,600円(税込み)の高い方
4年延長保証 4年 自然故障に対して金額無制限で保証 本体金額の15% or 9,900円(税込み)の高い方
3年延長保証+物損保証 3年 自然故障に対して金額無制限で保証
物損は購入金額の100%の価格まで保証
【個人】本体金額の15% or 9,900円(税込み)の高い方
【法人】本体金額の20% or13,200円(税込み)の高い方
4年延長保証+物損保証 4年 自然故障に対して金額無制限で保証
物損は購入金額の100%の価格まで保証
【個人】本体金額の20% or 13,200円(税込み)の高い方
【法人】本体金額の25% or16,500円(税込み)の高い方

新品だけでなく中古PCにも保証制度があり、標準の保証期間は3カ月です。延長保証制度を利用すれば、6か月~3年まで補償を伸ばすこともできます。

さらに中古品には「14日間安心返品保証制度」がついており、思ったのと違った、傷が多すぎるといった不満があれば、期間内の返品も可能。難しい中古品選びだけあって、この制度はうれしいです。

パソコン工房の辛口評価と他メーカーとの比較

パソコン工房の評価

製品価格
4.5
デザイン
3.0
知名度
4.0
カスタマイズ
3.5
サポート
4.0
品揃え
4.5

  パソコン工房  全体平均

  • 4.5【製品の価格
    →デスクトップは海外メーカーと比較しても安い。ノートパソコンは国内メーカーとしては安い部類。
  • 3.0【筐体デザイン
    →デザイン面では特段優秀ではないが、普通のパソコンといった印象。「RGB Build」のように見た目にこだわったモデルもある。
  • 4.0【知名度
    →積極的にCMなどを打つメーカーではないが「パソコン工房」というメーカー知名度は高め。
  • 3.5【カスタマイズ性
    →カスタマイズの幅は広い。スペック以外の部分(ケースやクーラー、電源など)は交換できないものも多いが、大きな問題ではない。
  • 4.0【サポート体制・保証
    →24時間体制の電話サポートがつながりにくい以外に大きな欠点がない。中古品までカバーしている保証内容も優秀。
  • 4.5【メーカー内の品揃え】
    →一体型デスクトップ意外はPCパーツまで含めそろわないものはほとんどない。

なお、購入するパソコンの1機種に絞った際に関係のない「知名度」「カスタマイズ」「品揃え」を省いた評価がこちら。

パソコン工房のPCを
単体で見た時の評価
価格 4.5
デザイン性 3
サポート体制 4
総合(平均) 3.83

他社メーカーとの比較は以下の表を参考にしてください。

メーカー平均価格デザインサポート特徴メーカー
富士通3.67 2.5 4 4.5日本国内世界最軽量の「LIFEBOOK UH」は魔法。落ち着きと高級感のあるデザインで幅広い年齢層から人気。富士通
NEC3.67 3 3 5日本国内国内シェアNO.1メーカー。マニュアルやサポートが豊富で、パソコン初心者におすすめ。NEC
Dynabook3.67 3 3.5 4.5日本国内小型かつ軽量なビジネスモデルが主力製品。元東芝ブランド。現SHARP傘下。
Dynabook
VAIO3.00 1 4.5 3.5日本国内品質重視でスマートかつ高級感のあるデザインが特徴。LTEモデル+SIM契約できるサービスもある。VAIO
Panasonic2.17 1 2 3.5日本国内価格が高く堅牢性の高いレッツノートを販売するメーカー。賛否が分かれる。Panasonic
Microsoft3.33 2 4.5 3.5海外(US)デザイン性が高くタッチディスプレイが特徴のSurface。価格は高いが全モデルがOfficeH&B付属。Microsoft
HP3.83 4 4 3.5海外(US)上位モデルはデザインや高級感を重視したモデルが多い。稀に疑うほど安いセールを行っている。HP
Lenovo3.83 5 3.5 3海外(CN)コスパのバグ。安いパソコンと言えばLenovo。安いからと言って大きなデメリットが無い。Lenovo
Dell3.33 4.5 3.5 2海外(US)コスパが良いモデルから高級モデルまで様々。「Alienware」はDellのゲーミングブランド。Dell
ASUS3.50 3.5 4 3海外(TW)スマホ・パソコン共に「Zen」シリーズが人気。オシャレで低価格なノートパソコンが売れ筋NO.1。ASUS
Acer3.17 3.5 3 3海外(TW)台湾に本社を構えるパソコンメーカー。3Dで視認できるパソコンのパイオニアAcer
HUAWEI3.00 3 4 2海外(CN)比較的コスパが良く、品質、デザインも良い。国内でもモニター関連などが人気なメーカー。HUAWEI
LG(gram)2.33 2 4 1海外(KR)大画面かつ超薄型・高性能な gram(グラム)シリーズが主力製品。価格は高め。LG(gram)
Apple3.67 2.5 5 3.5海外(US)デザインや品質は最高峰。吊るしモデルはお得だが、カスタムするほどコスパが悪くなる。Apple
マウス4.17 4 3.5 5国内BTO国内メーカーとしては安い。品質も良好。24時間電話サポートなど、特に初心者におすすめ。マウス
パソコン工房3.83 4.5 3 4国内BTO海外メーカーと肩を並べる良コスパ。ラインナップはデスクトップがメイン。パソコン工房
フロンティア3.67 4 4 3国内BTOセール対象商品の値引き額の割合が大きい。国内メーカーかつデスクトップで安く買いたい人向け。フロンティア

【各項目ごとに並び替え可能・横スクロール可能】

パソコン工房の特徴や評判・評価のまとめ

この記事では、国内大手BTOパソコンメーカー「パソコン工房」についてご紹介しました。

初心者向けの安価なエントリーモデルから、ハイスペックPCまで、さらにゲーマーやクリエイター向けには細かな使用目的に合わせて広くラインナップされています。

また、実店舗も全国に70店舗以上あり、直接店員さんと相談できるのもうれしい要素。コスパを重視したいけど海外製のパソコンだと品質やサポートが不安な初心者にも、自作もがっつりやる上級者にもおすすめのメーカーです。

関連»【国産/外国産】PCメーカー25社を一覧で紹介。おすすめブランドや選び方も解説。


  • この記事を書いた人

上田

PCやスマホ(主にハードウェア周り)が大好きです。このサイトではパソコンの使い方や選び方などの解説をしています。最新の技術やAI、テクノロジーにも興味関心があり、運営しているサイト内で最新のデバイスを検証・レビューを行っています。