中古MacBookを買うならどこ?おすすめショップ5選をランキング形式で比較。

うえだりゅう

僕自身、こんなサイトを運営していることもあり、検証や作業用で常に月1ペースくらいでパソコンを購入するのが日課になっています。もちろん新品のパソコンをポンポン買っていては高くついてしまうので、中古も視野に入れて目的のパソコンを探すようにしています。

そんな経験から、僕がいつも購入している中古パソコン専門ショップをまとめたページを作成しました。

関連»中古パソコンを買うならどこ?おすすめショップ7選と買う場所の選び方を解説。

ただ、上のリンクのページではWindows機を安く購入することはできると思うのですが、MacBookなどのMac系になると大きく内容が異なってしまいます。今までWindows向けに作ったページでMacを探してしまっていた方、申し訳ありません。

2020年にAppleが発売したM1チップ搭載モデルが出て以降、Macの相場がガクッと下がりMacユーザーも増えているので、このページでは中古MacBookの選び方とおすすめショップを紹介します。

おすすめショップと簡単な特徴
イオシスMacBookのみならず、中古のApple製品を探すならまずはイオシスをチェック。
独自の3ヶ月保証と、ほぼ最安値クラスの価格設定が魅力。
状態が悪いとされる中古Cランクでも美品が届くことが多い。
じゃんぱらパソコンパーツを中心に取り扱うショップだが、Apple製品の取り扱いも豊富。
価格設定はイオシスと同じくらい。
保証期間が1ヶ月と少々短い点や、仮購入や本購入などの仕組みが少しめんどくさい。
Apple(整備済み)Appleの正規品と同じ条件で購入できるのは魅力。
最新モデルかつ安価なモデルはすぐ売り切れてしまうので狙いにくい。
値引き率は新品の同型番と比較して最大15%。
QualitWindowsを中心に扱う中古パソコン専門ショップ。
保証期間は1年と長めではあるものの、最新世代のMacBookの取り扱いは少ない。
会員登録でもらえる初回購入10%OFFクーポンを活用することで安く購入できる。
OraOrA!Windowsを中心に扱う中古パソコン専門ショップ。
MacBookの取り扱いは多く、新しい世代は少ないものの常に200台前後の在庫あり。

各ショップのランキング詳細はもう少し後で紹介しています。

中古のMacBookを購入するメリット

中古のMacBookを購入するメリットですが、実はWindowsよりもメリットが多いです。

僕自身もMacやiPadなどのApple製品を買ってみるまでは「1年保証が付くApple公式で新品を買うのが良いに決まってるでしょ?」と考えていたのですが、意外とそうでもないかもしれないということに気がつきました。

おすすめ購入先の前に、Macを中古で購入するメリットについて紹介させていただければと思います。

今すぐにおすすめショップを確認したい方はこちら。
(この記事内のランキングへジャンプします。)

ただでさえ高いMacBookの値段を抑える事ができる

当たり前ですが、中古のMacBookを選べば、同モデルの新品よりも安く購入する事ができます。Windowsであれば低スペックでも問題ない用途向けのパソコンを購入する場合、新品でもそこそこ安い製品を選べるのですが、Mac系の場合はそうは行きません。

MacBookを含めたApple製品にはWindowsでいう“Celeron”や“Pentium”といった廉価版モデル」が存在しないという特徴があるので、そもそも新品から選ぶとなると安いMacBookというものがないんです。

新品ばかり購入していると買い替えの時期が来るごとに最低15万円前後〜という価格帯から選ぶことになるので、抵抗がそこまでなければ中古も視野に入れて探すことをおすすめします。

中古を選ぶことで安く買って、高く手放せる

Apple製品って特殊で、中古価格が本当に下がりません。

もちろん新品で購入した後に手放す(売却する)となると一律で価格は下がりますが、Apple製品に限っては中古で購入したものを1年後に手放したとしても、買った時の金額が90%ほど戻ってくるなんてことも珍しくありません。

  • 使ってみたいから買ってみる→気に入らないから即売却
  • 使ってみたいから買ってみる→1年使って売却&もう少し新しいモデルを中古で買う

Apple製品は特にリサーチすること無くこんなサイクルを繰り返したりしてしまっているのですが、ほとんどお金が減りません。

MacBookに限っては発売されてから5年以内くらいのモデルであれば価格が安定して高いので「気になった or 使ってみたいからとりあえず中古で買ってみる」なんてことも気軽にできるのが嬉しいポイントだったりします。

そこまでハイスペックが必要ない場合にちょうど良い

MacBookはそもそもの値段が高いというところでも解説した通り、現在の新品のラインナップでは廉価版的な立ち位置のモデルがありません。

現行のMacBookは、全てAppleシリコンが搭載されているモデルとなったので、全てがノートパソコンの中ではハイエンドモデル。(全て13.5万円以上。)

Windowsの廉価版と同じような価格(5〜7万円台くらい)でMacBookが欲しいとなれば必然的に中古から選ぶことになります。そこまでハイススペックはいらないけど、MacBookやmacOSを使いたいと考えている人にとっては、新品よりも中古がちょうど良いんです。

もちろんミドルスペックだけでなく、2年前くらいから最新世代までのハイスペックモデルの中古もアリ。

中古のMacBookを購入する場所

続いては中古でMacBookを購入できる場所についての解説です。基本的には自分が納得できればどこで買うのもOKですが、思わぬ落とし穴もあるので、購入場所もできるだけこだわりましょう。

フリマアプリやネットオークション

格安で手に入れたいと思った時に、まずネットオークションやフリマアプリを開く方も多いかもしれません。「未使用に近い」「新品未使用」などのMacも定価よりも安い価格で販売されていることもありますが、知らない人との個人間取引は避けるべき。

でも、MacBookに関してはパソコンの知識がある方であれば「絶対に避けろ」とまではいかないと考えています。

僕自身もApple製品を何度かメルカリで購入した事がありますが、問題のない取引の方が多かったです。ただ、いつもで安く購入できるわけではなく、出品一覧に張り付いてリサーチし、価格が大幅に安いものがあれば状態を瞬時に確認して値下げ交渉or即購入という流れで購入しています。

Apple製品に限っては人気が高いので、相場よりも大幅に安い価格で出品されると1分〜3分で程度で即SOLDになってしまうという特徴があります。(長く売れていないものは相場よりも高い。)

安く買うためは時間と判断力と慣れが必要になるので、MacBookの型番などが頭に入っていて、状態確認が瞬時にでできる人以外にはおすすめできません。(早とちりして高額なものや壊れているものを買ってしまう可能性もありますので。)

また、こういった取引では保証が全くのゼロとなりますので、その点もリスキーです。

家電量販店の展示品(デモ機)

家電量販店でiPhone、iPad、MacBook、Apple WatchなどのApple製品が展示してある光景は当たり前ではありますが、僕が住んでいる地域ではiPadとMacBookシリーズは展示を終えた型落ち品が格安で販売されている事があります。

これ、個人的にけっこう狙い目だったりします。

型落ち(現行モデルから脱落した瞬間のもの)が販売されていた価格の20〜50%ほど割引された価格で販売されるようなので、見つけたら即買いレベル。

僕自身はこの方法でiPadを購入した事があるのですが、当時の定価が45,800円ほどのiPadが25,800円で販売されており、そこから交渉で5,800円引いてもらって20,000円ジャストで購入した事があります。家電量販店としては「店から早くなくなってほしい処分品」となるようで、できるだけ交渉に応じて売り切ってしまい、陳列棚を開けたいなんて裏話も聞けました。笑

家電量販店の展示落ち品を購入するデメリットは次の4点。

デモ機を購入するデメリット

  • 最長3年くらい電源をつけっぱなしで展示されたもの(バッテリー劣化が進んでいる可能性)
  • 数えきれないくらいの人に触れられている(でも傷はない)
  • 通常モデルとは異なる「デモ機専用型番」になる
  • Appleの保証も量販店の保証もない

展示品最も大きいのはバッテリー劣化。これは各量販店の扱い方によって異なるようで、ずっと電源に繋いで展示していた場合はバッテリーのサイクルカウントが進まない(電源から直接給電となる)ようなのでほぼ劣化はしていないようです。

充電しない形で展示されていて、バッテリー駆動時間の長い製品は劣化も激しいです。MacBookの場合は本体仕様からバッテリーの状態も確認できるので必ず確認してから購入するようにしてください。

多くの人に触れられているという点については自分が許せるかどうかのみで判断。落としたりぶつけたりできないように展示されているため、傷などはほぼありません。

展示品専用の型番であっても通常の製品版と違いはなく、外箱の裏に「Demo-Not for Resale(デモ機だよ。再販しないでね)」と書かれているくらいしか違いはありませんでした。また、デモ機は保証(AppleCareや量販店独自の保証)に入れないということも店員さんに教えていただきました。

これらのデメリットを許せるのであれば、Apple製品を格安で購入できる展示品を狙ってみるのもアリだと思います。ただ、1店舗の量販店につき(同じ型番の物は)1台しかデモ落ちとならないので、狙っても出会えない確率の方が高いです。

狙うよりも出会えたらラッキー!の精神で祈るしかありません。あとは量販店のスタッフさんと仲良くなるとか。

Apple公式の整備済み品

これを「中古」と定義するのは賛否ありますが、定価よりも安くMacBookを購入したいのであればApple公式の整備済み製品もおすすめです。

一度人の手に渡ってキャンセルされたものや、初期不良があったものが修理・整備された状態で再販されたものがAppleの整備済み製品として販売されています。価格は最大で15%値引き。

正規品と比較して付属品やサポート・キャンセルの条件などは全く同じ。外箱は新品のものが使われていて、ほぼ新品と変わりありません。

整備済み品のデメリットとしては以下の3点。

整備済み品のデメリット

  • 最新モデルが少なく旧モデルが中心(最新の安いモデルは速攻でなくなる)
  • 整備済み品の数はそこまで多くない
  • 整備済み品のメモリやストレージ容量などをカスタムできない

整備済み品についてはデメリットも含め、後ほど詳しく解説しています。

リサイクルショップ

「中古」と言ったらMacBookに限らずリサイクルショップを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、リサイクルショップでの中古MacBookはおすすめできません。というよりもApple製品は全ておすすめできません。

MacBookはWindows機よりも(互換性の問題などで)パーツ交換がしにくいため、前の所有者が改造しているなんてことはほとんどなく、保証つきのものを選べば品質的な面での問題は起こりにくいです。

ただ、単純に値段が高い。

多くのジャンルを取り扱っているリサイクルショップではよくあることなのですが、Apple製品全般の値段が高くつけられている傾向にあります。Apple製品のリセールバリューが高いことはわかっていますが、それにしても価格設定が高すぎると感じます。

たまに安い価格設定で出ていることもあるようですが、全てが一点物となるリサイクルショップでは出品タイミングを狙って購入なんて無理。さらに、大手チェーンのリサイクルショップでは一度出品されると価格の変更をスタッフが行えない仕組みになっているようで、型落ち品は値段が変わらないまま売れ残る始末。(価格交渉も絶対に無理らしい。)

全然関係ないですが、価格変更がされないという理由で年々高騰し続ける貴金属類などは出品から時間がたったものほどお得に購入できるなんて裏技もあるみたいです。笑

リサイクルショップにはよく顔を出すのですが、リセールバリューの高さゆえに、ちょっと高めに出品されてしまうApple製品とは相性が悪いと感じます。

中古パソコン、スマホショップ

MacBookを中古で購入するならやっぱり中古パソコンや中古スマホを専門的に扱っている専門ショップがおすすめです。

新品と値段を比較しても良心的な価格設定かつ、ショップ独自の長期〜中期保証もついている上に状態もランク分けされているので、高ランクのものを選んで購入すれば、ほぼ新品と同じような感覚で購入することができます。

基本的には実店舗、オンラインどちらでも構いませんが、オンラインだと価格がネット上に公開されてしまうことから、いわゆる「ぼったくり価格」をつけにくいので、物の価値に合った価格が付けられていることが多いのでおすすめです。

僕自身Windows、Mac問わず、中古パソコン専門ショップでよくパソコンを購入するので、いつも購入する際に重視しているポイントなどを押さえながら各ショップを紹介します。

おすすめきる専門ショップのランキング

ここからはMacBookを取り扱っている中古パソコン、中古スマホ専門ショップをランキング形式でまとめてあります。

ランキングの評価基準

ここからのショップランキングは

  • スペックに対する価格設定
  • 販売サイト内の選びやすさ
  • 価格や品ぞろえの多さ
  • 保証期間やサポート
  • 決済からの配送期間

などを加味して一定期間ごとに適正なランキング評価に変更しています。

紹介しているショップの項目ごとのまとめ比較はランキングの後に掲載しています。

第1位:イオシス

堂々の第1位は中古iPhoneや中古MacなどのApple製品を中心に取り扱う「イオシス」です。

MacBookはもちろんiPadやiPhoneなどのAppleデバイスを中古で探す場合、まず目を通してもらいたいのがイオシス。僕自身もまずイオシスを見て、探しているモデルがなかった場合は他を見ると言った立ち回りで探す事が多いです。

僕自身が中部に住んでいるということもあり、愛知県名古屋市の大須商店街にあるイオシス実店舗(イオシス名古屋大須店)に立ち寄ることも多く、元々は実店舗にふらっと立ち寄ったことで知ったお店でしたが、今ではネットショップと合わせてヘビーに利用させていただいています。

イオシスはApple製品に力を入れていることもあって、ショッピングサイトがものすごく使いやすいことも特徴です。MacBookは年代別に整理+M1やM2系のAppleシリコンを搭載しているモデルは別枠が用意されていて最高に見やすい。

中古パソコン業界ではWindowsがメインでMacはおまけというサイト構成が多いのでMacはカテゴリの一部に過ぎないと言った並べ方が多いのですが、イオシスのメインはApple、Apple、Apple!!!

個人的にはApple製品を探すならApple公式サイトに次ぐ探しやすさだと思います。

iPhoneの在庫一覧(イオシス)

もちろんMacBookだけでなくiPhoneも選びやすい形で掲載されています。在庫数がリアルタイム(日更新)で掲載してあるもの面白いですよね。

iPadの在庫一覧(イオシス)

iPadに関してはiPhoneと比較して在庫数が少ないものの、国内中古ショップとしては段違いの在庫数。

少しだけ型落ちとなった人気モデルは人気が高いので売り切れになっているものが多数ありますが、このページをブックマークしておけば入荷を即座に確認できるので、狙っている商品を買いやすいところももイオシスのショッピングサイトが優れているところ。(在庫のないものはモデル下の価格が【0円〜】という表記になっています。)

Mac、iPhone、iPad、Apple Watchなど、全てのApple製品を中古で検討しているなら、まずイオシスをチェック!

イオシス
商品数
(Mac系PCに限定)
(5)
めちゃめちゃ多い
(数えきれない)
価格設定(4.5)
通販価格で中古最安値付近
配送料(3.5)
パソコン本体やモニターなどの大型製品
→970円
その他小物(付属品やスマホなど)
→640円
保証期間(4)
未使用品 6ヶ月保証
中古 (Aランク / Bランク / Cランク)
3ヶ月保証
備考Apple製品を中古で狙う時にまず見るべきショップです!

「イオシス」公式サイト
http://iosys.co.jp/

イオシス MacBook年代別ページ
https://www.iosys.co.jp/items/pc/notepc/macbook

第2位:じゃんぱら

第2位とさせて頂いたのは中古パソコン、中古パソコンパーツ購入をする際にお世話になっている「じゃんぱら」です。

特にパソコンパーツ(グラフィックボードなど)を購入する際に利用していましたが、最近MacやiPadも安く取り扱っていることを知りApple製品の購入先として有力な候補とさせていただいています。(なんだか上からみたいになってしまってすいません、、笑)

今回はMacBookなどのMac製品を中心の解説となりますが、比較的あたらしめのAppleシリコン(M1系・M2系)が搭載されたMacを中古で購入しようと思った場合、1つ前に紹介させていただいた「イオシス」と「じゃんぱら」のどちらかで探すのがおすすめです。(おすすめというよりも正確にはAppleシリコン搭載モデルを扱う中古ショップがものすごく少ない。もしくは他が高い。)

特にイオシス内で人気な(品切れ状態が続く)新しめのMacや現役だけど少し古めのiPad Proなどの在庫がじゃんぱらに多くある場合が多いので、イオシスで見つからなければじゃんぱらという探し方で問題ないのかなと思います。

イオシスと比較してじゃんぱらは「少しだけ送料が高い」+「保証期間が短い」という点から、中古MacBookを選ぶという状況では2位とさせていただいています。

ちなみに、Magic TrackpadやMagic KeyboardなどのAppleデバイスの周辺機器系は全国の中古の中でじゃんぱらが最も安いです。

会員登録をすると常に使えるクーポンがたくさん配布される他、じゃんぱらで購入したものがアカウント内の「持ち物リスト」という場所に登録され、過去にじゃんぱらで購入したものが今いくらで買い取ってもらえるのかが瞬時にわかるサービスなどもついています。

今回は過去に購入した2点を追加してみましたが、古すぎるマザーボードは買い取り不可。この間購入したMagic Trackpad2は4,000円で購入してもらえるみたいです。Apple製品はアクセサリであってもリセールバリュー強し!!

じゃんぱら
商品数
(Mac系PCに限定)
(4.5)
多い
(常時500台前後)
価格設定(4.5)
通販価格で最安値付近
配送料(3)
商品ごとの送料メータにて決定
1〜9まで→770円
10→1,320円
(パソコン本体は基本10=1,320円)
保証期間(3)
未開封・未使用品のMacBookは3ヶ月保証
中古品A〜DランクのMacBookは1ヶ月保証
中古アクセサリーは1週間保証
備考Apple製品の価格はイオシスと同等。
送料が少し高く、保証期間が短い。

「じゃんぱら」公式サイト
https://www.janpara.co.jp/

「じゃんぱら」MacBook一覧ページ
https://www.janpara.co.jp/sale/search/result/?OUTCLSCODE=4

第3位:Apple公式の認定整備済製品

第3位は、Apple公式サイト内の「認定整備済み製品」です。

中古?」と言われれば少し違うかもしれませんが、Apple製品を定価よりも安く購入できる場所であり、Apple正規のショップに変わりはないので安心感で言えばトップクラス。こんな理由から今回はランクインさせていただきました。

保証に関しては正規購入品と全く同じで1年間の無料保証と購入から14日間の返品保証がつきます。保証の料金をプラスすることでAppleCareに加入することで保証期間を延長することも可能です。

ただ、Appleの整備済製品は中古相場と比べると価格が高めで、割引幅も通常の製品を比較して最大15%となっています。とにかく価格重視でMacを探したいという方にはあまりおすすめできないかもしれません。

どういう製品が整備済品になる?

多くの整備済品はユーザーが購入して14日以内に返品されたものや、出荷前に不具合が起きたものをAppleが修理・クリーニングをしたもの。

製品の付属品や箱は新品となり、iOSデバイス(iPhone)のみ新品のバッテリーに交換されます。(MacやiPadはバッテリー交換の記載無し。)

整備済品を購入した方によると初期傷があったりバッテリーのサイクルが20回程度のものが届いたなどの報告もありますので、購入する場合はそこだけは了承する必要があります。使用感や軽微な傷があるものはおそらく返品されたものだと思います。

そもそも今回は中古品を探しているので、軽微な傷くらいは問題とならない上に、14日間の返品にも対応しているので安心して購入できます。

整備済み品のデメリットとしては以下の3点。

整備済み品のデメリット

  • 最新モデルが少なく旧モデルが中心(最新の安いモデルは速攻でなくなる)
  • 整備済製品自体の数はそこまで多くない
  • 整備済製品のメモリやストレージ容量などをカスタムできない

整備済品に最新モデルの取り扱いはほぼありません。さらに、数もそこまで多くはなく、人気のモデルほどすぐ売れてしまいます。(MacBook Airはほとんどないけど、MacBook Proの高額モデルは多く残っているなど。)

最も重要な点として、ラインナップとして並んでいるものはカスタムする事ができず、あるものをそのまま購入することしかできません。最小構成のモデルしかなくスペック不足となってしまう場合や、ハイエンドモデルしかなくオーバースペックになってしまう場合は購入を控えるのが賢明でしょう。

自分が求めている機種で予定していたスペックのものがあった時には即購入で問題ありません。Apple公式の15%OFFは早い者勝ちなのです。

Apple公式の認定整備済製品
商品数
(Mac系PCに限定)
(2)
時期とタイミング次第
→基本的に多くない
→人気&安いモデルほど在庫が少ない
価格設定(2)
大きく安くなることはなく、通常価格の15%OFFが最大
配送料(5)
無料
保証期間(5)
購入から1年
追加でAppleCareにも加入可能
(通常製品と同じ扱い)
備考ほぼ新品でAppleから安い値段で正規購入したい方むけ。

Apple公式サイト
https://www.apple.com/jp/store

Apple公式 認定整備済製品(TOP)
https://www.apple.com/jp/shop/refurbished

Apple公式 認定整備済製品(Mac)
https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/mac

第4位:Qualit(クオリット)

ここからはMacを購入する場合は優先的に見る必要はないかな?と感じるショップですが、普段僕がWindows機を中古で購入する際に利用させていただているショップで、Macを取り扱いのあるところをピックアップ。

第4位とさせていただいたのは「Qualit(クオリット)」です。

ラインナップを確認したところ、2022年時点では最新のM1、M2チップを搭載された製品は販売されていませんでした。全てがIntel版となるので、Appleシリコンを搭載したMacを探している方はここまでで紹介したイオシス、じゃんぱら、Apple公式から探してしてください。

QualitのMacを選ぶメリットとしては「保証期間は12ヶ月」という公式とほぼ同等な保証期間。中古のパソコンに1年保証をつけているショップはなかなかありません。

もちろんApple公式で購入すれば無償で1年保証がつくのですが、5万円台までの格安Macに1年保証をつけて安く安心して使いたいという方はこういったショップから選ぶのもありなのかなと思います。

購入前に会員登録をすることで初回10%OFFクーポンをGETできるのもお忘れなく!

Qualit(クオリット)
商品数
(Mac系PCに限定)
(3)
普通(常時100台弱)
新しめの世代はほとんどない
価格設定(4)
クーポン適用で安い
会員登録で初回10%OFF
配送料(4.5)
送料無料
(沖縄や離島は別途2,200円)
保証期間(5)
12ヵ月(一部24ヵ月保証あり)
備考旧世代のMacが多めで優先的な候補にはなりにくい。

「Qualit」公式サイト
https://www.yrl-qualit.com/

Qualit Mac(Apple製品のみのサイト内検索)
https://www.yrl-qualit.com/shop/shopbrand.html?search=&prize1=Apple

第5位:OraOrA!(オラオラ!)

第5位は中古パソコン専門ショップの「OraOrA!(オラオラ!)」です。こちらもMacというよりはWindows機が中心となっているのですが、掲載当時はMacだけでの200製品弱の出品がありました。

基本的にクオリット同じで価格は安めですが旧世代の製品が中心となっているので、少し古めの安いMacを探している方向けのショップになるかもしれません。

MacBook Proシリーズに関しては、比較的新しめなIntelモデルも多い印象です。

OraOrA!
商品数
(Mac系PCに限定)
(3.5)
ちょっと多め(常時200台弱)
新しめの世代はほとんどない
価格設定(3.5)
少し安い
配送料(4.5)
送料無料!
(沖縄や離島は別途1,500円)
保証期間(4)
90日
備考旧世代のMacが多めで優先的な候補にはなりにくい。
MacBook Proの品揃えは豊富な時期が多い。

「OraOrA!」公式サイト
https://oraora.tokyo/

OraOrA! Mac(MacBookのみのサイト内検索)
https://oraora.tokyo/view/page/mac

各ショップを項目別に比較

ここまでは各ショップごとにまとめましたが、中古のMacBookを選ぶ際に気になるポイントを項目別に並べてみました。一括で比較したい場合などにお役立てください。

Macの取り扱い状況

各ショップの取り扱い状況を比較
イオシスノートは最新モデルから旧モデル、Air、Proまで品揃え豊富。
デスクトップはあらたしい世代を中心に50台前後。
Cランクの商品でも他店と比較して状態は良いためコスパ抜群。
じゃんぱらノート、デスクトップ共に品揃え豊富。
(商品数は多いが検索は少ししにくい点に注意)
Apple(整備済み)時期による。あらたしい世代の吊るし(最小構成)モデルなどはハケが早く、ほとんど残っていない。上位モデル、カスタムモデルなどの高額モデルは多いが、自在にカスタムすることはできない。
Qualit新しめのモデルのMacはほとんどない。在庫数は常時100代台弱。
OraOrA!新しめのモデルのMacはほとんどない。在庫数は常時200台弱。

今回作成したランキングはほぼMacBookの取り扱い(在庫状況)に比例しているといっても過言ではありません。もちろん中古ということになるので時期によって前後することはありますが、おおよそこの順位で間違いないと思います。

新しい世代から古い世代まで品揃えが豊富なのはイオシスとじゃんぱらの2強といった感じです。

イオシスに目的のものがなかったら次はじゃんぱら、次にAppleの整備済品といったように目的のものが見つかるまで上から順番に見ていくのがおすすめ。(これが僕の買い方。)

Appleの整備済製品だけは価格が少し高いので、価格重視で選ぶ場合はご注意ください。

保証期間の違い

各ショップの保証期間を比較
イオシス未使用品 6ヶ月保証
中古 (Aランク / Bランク / Cランク)3ヶ月保証
じゃんぱら未開封・未使用品のMacBookは3ヶ月保証
中古品A〜DランクのMacBookは1ヶ月保証
中古アクセサリーは1週間保証
Apple(整備済み)購入から1年
追加でAppleCareにも加入可能
(通常製品と同じ扱い)
Qualit12ヵ月(一部24ヵ月保証あり)
OraOrA!90日

保証期間は少しばらつきがあります。やっぱり一番はApple公式の1年保証。もちろんApple Care+を追加することもできるので、安心度は段違い。

次点でQualitの1年保証。ただ、Qualitには新しい世代のMacBookの取り扱いはほとんどないので、保証を重視しすぎて理想ではないものを買うことは避けてください。あくまで理想の製品に出会えたらラッキーくらいの感覚で。

今回1位とさせていただいたイオシスの保証は中古品3ヶ月保証となっていますが、大きな問題はないかと思います。じゃんぱらの1ヶ月保証は個人的には少し心配。信頼できるショップなので故障や不良の可能性はほとんど無いのですが、だいたい購入後の製品不良に気がつくのは購入から1ヶ月前後付近。

保証重視の方はAppleやイオシスをおすすめします。

送料の違い

各ショップの送料を比較
イオシスパソコン本体やモニターなどの大型製品
→970円
その他小物(付属品やスマホなど)
→640円
じゃんぱら商品ごとの送料メータにて決定
1〜9まで→770円
10→1,320円
(パソコン本体は基本10=1,320円)
Apple(整備済み)送料無料
Qualit 送料無料
(沖縄や離島は別途2,200円)
OraOrA!送料無料
(沖縄や離島は別途1,500円)

送料に関してはApple、Qualit、OraOrA!が無料となっています。

QualitとOraOrA!のようにWindowsの中古パソコンを中心に販売しているショップは送料無料が多い傾向にあります。

とはいっても、どこで購入しても大きな金額がプラスされるわけでは無いので本体価格を重視して送料は無視でも問題ないです。

決済方法の違い

各ショップの決済方法を比較
イオシスクレジット決済、代金引換、銀行振込、コンビニ決済、
郵便振替、Amazon Pay、Apple Pay
じゃんぱらクレジット決済、代金引換、銀行振込、コンビニ決済、
AmazonPay、RakutenPay
Apple(整備済み)クレジット決済、代金引換、銀行振込、コンビニ決済、
店舗払い、Apple Pay、Apple Gift Card.、AmazonPay
Qualitクレジット決済、代金引換、銀行振込、コンビニ決済、
AmazonPay、RakutenPay
OraOrA!クレジット決済、代金引換、コンビニ決済、店舗払い、
AmazonPay

決済方法については各ショップで少し違いがありますが、大きな違いはありません。僕はよくAmazonを利用するので、Amazon Payでそのまま購入することが多いですね。(配送先住所の入力などを省略できます。)

基本的にはクレカ決済や自分が使い慣れている決済方法でOK。代引きなどは手数料がかかりますので注意してください。

発送までの時間の違い

各ショップの発送までの時間を比較
イオシス平日の13時、祝日10時までの注文・決済完了で当日出荷、それ以外は翌営業日
じゃんぱら注文の翌営業日以降に発送
Apple(整備済み)本州もしくは四国の場合、月曜日から土曜日(祝日を除く)の午後3時30分まで、日曜日は午後2時30分までの注文で翌日にお届け
Qualitご注文またはご入金確認後、商品は4営業日以内の発送
OraOrA!お注文・決済完了後2営業日以内の発送

発送に関してはどこも早く、大きな違いはありません。

じゃんぱらのみ「◯◯以内の発送」という表記がありませんが、今まで注文してから4日以上かかったことはありません。

↑この記事が良かったと思っていただけたら、是非いいねボタンをよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うえだりゅう

PCやスマホが大好きです。 いくつかのメディアを運営しながら、一般層向けパソコンの使い方や選び方などの解説をしています。最新のテクノロジーや技術にも興味があり、運営しているサイト内で最新のデバイスを検証・レビューを行っています。