当サイトの記事内には広告やPRが含まれています。
コンテンツ制作ポリシーに基づき、消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツ制作を行っております。
もし、問題のある表現や内容が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

   

【Windows11】ゴミ箱が勝手に空になる設定を変更する方法。30日で自動削除されてしまう設定を変更しよう

上田

この記事ではごみ箱に移動したデータの保存期間を変更する方法を紹介します。

削除してごみ箱に移動したデータの保存期間の設定方法

Windows11で削除したファイルやフォルダーはごみ箱に移動します。移動したデータは設定にもよりますが、一定の期間が経過することで自動的にごみ箱の中身が完全に削除されてしまいます。

以下の手順沿って操作することで設定を変更できます。

設定の手順

  • Windowsのシステム設定を開く
  • システムストレージストレージセンサー」の順にクリック
  • ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」を任意の日数に変更

Windowsのシステム設定を開く

はじめにWindowsシステム設定を開きます。

スタートボタンを右クリック、開いたメニューの中の「システム」をクリックします。

「システム→ストレージ→ストレージセンサー」の順にクリック

システム」、「ストレージ」、「ストレージセンサー」を順番にクリックしていってください。ストレージセンサーの設定画面に移動できます。

「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」を変更

ユーザーコンテンツの自動クリーンアップ」のオン・オフを切り替えます。ごみ箱の中身や使われていないダウンロードフォルダーのファイルを自動で削除したくない場合は、ここをオフにしてください。

ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」のリストボックスをクリックし、自分の好きな日数に変更します。デフォルトは30日です。

「実行しない」を選択すれば自動で削除されることはありません。自分で削除するまではごみ箱にデータを残しておきたい場合、実行しないを選択するといいでしょう。


  • この記事を書いた人

上田

PCやスマホ(主にハードウェア周り)が大好きです。このサイトではパソコンの使い方や選び方などの解説をしています。最新の技術やAI、テクノロジーにも興味関心があり、運営しているサイト内で最新のデバイスを検証・レビューを行っています。