Windows 基本操作

デュアルディスプレイ環境で片方の接続を切る方法

2020年6月15日

デュアルディスプレイ環境でパソコンを使っているとき、節電などの理由から片方のディスプレイの電源を切りたい場面があると思います。しかし、ディスプレイの電源を切っただけではパソコンとの接続は切れません。

ウィンドウやデスクトップにおいてあるアイコンは、電源を切っている方のディスプレイにそのまま表示され続けてしまいます。では、ケーブルで接続したままディスプレイの接続を切るにはどうしたらいいのでしょうか。

Windows10の機能を使って無効にする

「Windowsキー+p」を押すと、画面の右上にこのような表示がでます。

デュアルディスプレイでパソコンを使っている場合、これが「拡張」や「複製」になっているはずです。これを「PC画面のみ」に変更してください。すると、ケーブルを接続したままで片方のディスプレイの接続を切ることができます。

注意-attention-

デスクトップアイコンを接続を切った側のディスプレイにおいていた場合、片側に移動して配置が崩れる可能性があります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

02

サイト制作者の弟です。 皆様が抱えている問題を1つでも多く解決できるようにコンテンツを制作します。Windowsパソコン、iPadやsurfaceなどのモバイル機器が得意分野で、サイト内のイラストも担当しています。

-Windows, 基本操作

© 2020 パソコンの教科書