Windows 基本操作

マウスのスクロールとは?スクロール量の変更方法も解説!

2020年6月21日

スクロールとは

スクロールとは画面内に表示しきれない情報を見るためにスクロールホイールを回転させることです。マウスを上から見たときに、左クリックと右クリックのボタンの間にあるものがスクロールホイールと呼ばれるものです。

一度にモニターに表示できる情報には限度があります。画面に映っていない情報を見るために、画面をスライドさせたいとき時がスクロールの使いどころです。スクロールホイールを、画面外下の情報が見たいときは下(手前)方向に、上の情報が見たいときは上(奥)方向に回転させます。

また、ブラウザの操作時には、shiftを押しながらスクロールホイールを回転させると左右のスクロールも可能です。

スクロールバーを用いたスクロール

マウスのスクロールホイールを使わないスクロールの方法もあります。

ブラウザやエクセルなどを開いたときに、上の画像のような画面右に棒状のアイテムがあると思います。この棒をスクロールバーといい、クリックしたまま動かすと、カーソルを動かした方向へ画面を移動させることができます。

スクロールする量(行数)の調節

スクロールホイールを回した時に画面が移動する量は、Windowsの設定から調節することができます。

 

Windowsの設定画面を開いたら、「デバイス」をクリックしてください。

その後、「マウス」をクリックして、「一度にスクロールする行数」のバーをスライドしてください。右に行くほど一度にスクロールする行数が増えていきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

02

サイト制作者の弟です。 皆様が抱えている問題を1つでも多く解決できるようにコンテンツを制作します。Windowsパソコン、iPadやsurfaceなどのモバイル機器が得意分野で、サイト内のイラストも担当しています。

-Windows, 基本操作

© 2020 パソコンの教科書