Windows 基本操作

マウスのスクロールとは?スクロール量の変更方法も解説!

スクロールとは

スクロールとは画面内に表示しきれない情報を見るためにスクロールホイールを回転させることです。マウスを上から見たときに、左クリックと右クリックのボタンの間にあるものがスクロールホイールと呼ばれるものです。

一度にモニターに表示できる情報には限度があります。画面に映っていない情報を見るために、画面をスライドさせたいとき時がスクロールの使いどころです。スクロールホイールを、画面外下の情報が見たいときは下(手前)方向に、上の情報が見たいときは上(奥)方向に回転させます。

また、ブラウザの操作時には、shiftを押しながらスクロールホイールを回転させると左右のスクロールも可能です。

スクロールバーを用いたスクロール

マウスのスクロールホイールを使わないスクロールの方法もあります。

ブラウザやエクセルなどを開いたときに、上の画像のような画面右に棒状のアイテムがあると思います。この棒をスクロールバーといい、クリックしたまま動かすと、カーソルを動かした方向へ画面を移動させることができます。

スクロールする量(行数)の調節

スクロールホイールを回した時に画面が移動する量は、Windowsの設定から調節することができます。

 

Windowsの設定画面を開いたら、「デバイス」をクリックしてください。

その後、「マウス」をクリックして、「一度にスクロールする行数」のバーをスライドしてください。右に行くほど一度にスクロールする行数が増えていきます。

スポンサー


あなたのパソコンのお悩みを教えてください!

『読んでもまだ解決できてない!』
『こんなサービスがあったら嬉しいな!』
『こんなページが欲しい!』

そんなときには当サイトのお問い合わせ公式LINE各ページ下のコメントにて質問を頂けると嬉しいです。
 

その場で解決できることであればお答えさせていただきます!

パソコンの教科書』をもっと便利なサイトに成長させるためにもご協力お願い致します。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

02

サイト制作者の弟です。 皆様が抱えている問題を1つでも多く解決できるようにコンテンツを制作します。Windowsパソコン、iPadやsurfaceなどのモバイル機器が得意分野で、サイト内のイラストも担当しています。

-Windows, 基本操作