Windows 基本操作

【Windows10】かな入力・ローマ字入力とは?ローマ字かな変換表も収録

2020年6月27日

キーボードを見ると、アルファベットとひらがなの2種類がキートップに刻印されていると思います。これは、ローマ字入力とかな入力で、同じ文字を入力するために押すキーが異なっているからです。

この記事では、それぞれの入力方法の違いと特徴を解説していきます。

ローマ字入力とかな入力

ローマ字入力とは

ローマ字入力は入力されたローマ字の組み合わせから日本語を入力する方法です。ひらがな1文字に対してキーを二回押す必要があるため、かな入力に比べて入力効率が落ちます。

ですが、義務教育で習うのはローマ字入力のため、すでに慣れている人も多く取っつきやすいのは魅力です。すでに多少知っていることで習得難易度は低いです。

かな入力とは

かな入力はキーボードに表示されているかなをそのまま入力する方法です。ひらがな1文字に対してキーを一つ押すだけでいいため、単純な入力効率はローマ字入力の2倍になります。慣れてしまえばとても早く文字入力ができることが特徴です。

ただ、広く浸透しているのがローマ字入力ということもあり、すこし肩身は狭いです。キーボードの中にはアルファベットのみがキートップに印字されていて、かな入力使用者ことは考慮していない製品もあります。

どっちの入力方法がいい?

それぞれの入力方式のメリット・デメリットは以下の通りです。

方式/項目メリットデメリット
ローマ字入力覚えるキーの数が少ない

ブラインドタッチがしやすい

かな入力よりも入力速度が遅い
かな入力慣れればタイピング速度が速いブラインドタッチが難しい

馴染みがないため慣れるまでに時間がかかる

文字入力にはローマ字入力がおすすめ

この表を見ると、かな入力は難易度が高い割にメリットが少ないことがわかります。エンジニアやライターなどの文字入力をする時間が長い人には、確かにかな入力はおすすめです。

しかし、一般的な使い方をするのであれば圧倒的にローマ字入力をおすすめします。ローマ字入力はある程度知っている場合がほとんどですし、覚えるために必要な労力も少なくブラインドタッチの難易度も低いです。

ローマ字入力とかな入力の切り替え方

「ローマ字を打ちたいのに、かな入力から戻すことができない、困った。」

と、なった時の対処法を紹介します。ローマ字入力とかかな入力を切り替える方法はいくつかあります。覚えておくといざというときに役に立ちます。

1.「Altキー+カタカナひらがなローマ字キー」を同時に押す

キーボードの「Alt」キーと「カタカナひらがな」キーを一緒に押すと、簡単にローマ字入力とかな入力を切り替えることができます。

このショートカットは全角入力時のみ使えるものになります。もしこの操作を行っても反応がない場合は半角入力になっている可能性があります。キーボード左上の「半角/全角」キーを押して全角入力状態にして、もう一度試してください。

2.IMEプロパティから切り替える

IMEプロパティとは、画面下タスクバーにある下の画像のようなアイコンのことです(下の画像は半角入力状態だから表示が「A」)。

それを右クリックすると下のような表示がでてきます。

下から4番目の「ローマ字入力/かな入力(M)」をクリックすると、ローマ字入力とかな入力を選択することができます。ローマ字入力に切り替えたい場合は「ローマ字入力(R)」を押せば切り替えが完了です。

【付録】ローマ字・かな変換表

「かな」とそれに対応するローマ字の入力一覧を表にしましたので、必要な場合は参考にしてみてください。

かな・ローマ字変換表 (清音)

AIUEOXA
LA
XI
LI
XU
LU
XE
LE
XO
LO
きゃきゅきょ
KAKIKUKEKOKYAKYUKYO
しゃしゅしょ
SASI
SHI
SUSESOSYA
SHA
SYU
SHU
SYO
SHO
ちゃちゅちょ
TATI
CHI
TU
TSU
TETOTYA
CHA
CYA
TYU
CHU
CYU
TYO
CHO
CYO
にゃにゅにょ
NANINUNENONYANYUNYO
ひゃひゅひょ
HAHIHU
FU
HEHOHYAHYUHYO
みゃみゅみょ
MAMIMUMEMOMYAMYUMYO
いぇ
YAYUYEYOXYA
LYA
XYU
LYU
XYO
LYO
りゃりゅりょ
RARIRURERORYARYURYO
ふぁふぃふぇふぉ
WAWON
NN
FAFIFEFO

(濁音・半濁音)

ぎゃぎゅぎょ
GAGIGUGEGOGYAGYUGYO
じゃじゅじょ
ZAZIZUZEZOJYA
JA
JYU
JU
JYO
JO
じゃぢゅぢょ
DADIDUDEDODYADYUDYO
びゃびゅびょ
BABIBUBEBOBYABYUBYO
ぴゃぴゅぴょ
PAPIPUPEPOPYAPYUPYO
ヴァヴィヴェヴォ
VAVIVUVEVO
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

02

サイト制作者の弟です。 皆様が抱えている問題を1つでも多く解決できるようにコンテンツを制作します。Windowsパソコン、iPadやsurfaceなどのモバイル機器が得意分野で、サイト内のイラストも担当しています。

-Windows, 基本操作

© 2020 パソコンの教科書